避妊Contraception

緊急避妊

緊急避妊の方法には、緊急避妊ピルを内服する方法と、銅付加子宮内避妊具を装着する方法があります。

《緊急避妊ピル》
以下の2通りの方法があります

①性交後72時間以内に中用量ピルを2錠、更に12時間後に2錠内服する方法。妊娠阻止率は57%。
②性交後72時間以内にレボノルゲストレル単剤0.75mgを2錠内服する方法。妊娠阻止率は85%。
(妊娠阻止率とは、生理周期から妊娠の可能性がある時期に内服した時の、妊娠しなかった割合のことです)副作用として、吐き気・嘔吐などがあります。

《銅付加子宮内避妊具》
中長期の避妊を希望される場合、銅付加IUDを装着する事があります。
性交後5日以内に装着します。
副作用として、月経異常、不正出血、骨盤内炎症などを来たす事があります。

子宮内避妊具(IUD)・IUS

当院では子宮内避妊具として銅付加IUDを採用しています。
銅付加IUDは銅線が巻き付けられたIUDです。銅は生体内必須微量元素であり、放出される銅は食事摂取から得られる銅の50分の1と微量です。

《避妊の仕組み》
精子や卵子に作用して、受精を防ぎます。

《効果》
1年間に妊娠する確率は200人に1人です。

 

IUS:Intrauterine system

IUSとは、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システムです。
経口避妊薬の高い避妊効果と、子宮内避妊用具(IUD)の長期の避妊が可能であるという特徴を持っています。

《避妊の仕組み》
子宮頸管粘液を変化させ、子宮内に精子が侵入するのを防ぎます。
また、子宮内膜に作用し、子宮内膜を薄くして受精卵の着床を防ぎます。

《効果》
1年間に妊娠する確率は500人に1人です。

銅付加IUD・IUSを装着する時期

月経開始後7日以内に装着します。
妊娠初期の流産、妊娠後期の人工妊娠中絶後の方はその直後に装着することができます。
出産後は、6週間以上、子宮の回復を待ってから装着します。

起こりうる副作用

・月経出血日数の延長
・月経時期以外の出血
・月経周期の変化
・腹痛
・骨盤内炎症
・脱出・穿孔
・異所性妊娠
などの副作用が起こることがあります。
その他、IUSの副作用として卵巣嚢胞がありますが、通常は黄体ホルモン変化に伴う一時的なものです。
また、IUSでは黄体ホルモンの作用により子宮内膜がうすくなるため、月経の回数が減り、約20%の人では月経が起こらなくなります。
前回の月経から6週間以内に月経が起こらない場合や、吐き気、嘔吐、食欲不振などのつわりのような妊娠を疑う兆候があらわれた場合は、直ちに受診してください。

装着後の通院について

装着後は3か月後、1年後に定期健診が必要です。
1年以上装着する場合は1年ごとの定期健診を受けてください。
5年位以上の装着はできません。

低用量ピル

99%の避妊効果があり、女性避妊手術や子宮内避妊具に匹敵した避妊効果があります。
コンドームと違い、女性主体で行える避妊方法です。

 

  • 料金案内ページ
  • 無料カウンセリング予約